忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【バレンタイン】地味金×薔薇姫

地味金ってかわいそうですよね、呼び名。
でも他にないよね!

ちょっと忙しかったり徹夜したりしてたので、遅くなりました。
週末までに最後のジェリマロ更新しますー。

※ここから設定※
ノーラ
最愛の騎士のために日々画策している姫。
いわゆるツンデレで、素直じゃないため、大好きなアレスとの関係は一向に進んでいない。

アレス
昔は近所でも評判の美少年だったが、成長したら華がない感じになった。
姫になったノーラに請われて彼女の騎士となる。
硬派で正統派、外見同様中身も地味。本人もちょっと気にしている。

拍手



目の前の大きな箱を見て、アレスは疑問符を浮かべた。
それは『大きな箱』と言われて想像するサイズを遥かに超えている。少なくとも彼の常識からはありえないほどのサイズであり、中に巨大テディベアが入っているなら納得できそうな代物だった。実家の妹にこのサイズのテディベアをプレゼントしたら大はしゃぎで喜ぶだろうが、両親からは邪魔と怒られそうだと思う。
「チョコよ」
巨大テディベア(仮)の隣に並んだ彼の姫はフフンと鼻を鳴らして、何故だかわからないが自信たっぷりな様子を見せていた。
幼い頃から知っているが、この態度は昔から変わらない。
「……ありがとうございます?」
「何で疑問形なのよ。素直に喜んだらどうなの?」
「はぁ」
「ちなみに手作りよ。この私がアレスのためにわざわざ作ったの。嬉しいでしょう?」
「はぁ」
「ぼーっとしてないで開けなさいよ」
ノーラに言われて一歩踏み出し、リボンに手を掛ける。
彼の鍛え上げた腕ほどある太さのリボンは少し引っ張っただけでするっと解け、箱の側面がそのまま倒れこんだ。
その様子は何かに似ているなと思ったが、どうしても思い出せない。
「……?」
現れたのは巨大なブラウンの雪だるまだ。ごつごつしていて見た目はあまりよくない。
チョコレートというからにはブラウンの正体は甘く苦いアレだろうと思うが、美味しそうとはとても言えない状態の物体を見つめ、それから物体の隣に並ぶノーラに視線を移す。
「可愛いでしょう?」
とてもそうは思えないものに対しての言葉を耳にして、アレスは幼い頃のことを思い出した。

「可愛いでしょう?」
差し出された塊を受け取って、幼いアレスは少し眉をひそめた。
だが、できる限り表情に出さないように努力した。
ノーラは大農場主の娘である。彼の家だけでなく、村の多くが彼女の家の農場に職を持っていた。
彼はまだ子供だったが、娘を溺愛する父親の心証を悪くするのはよくないと悟っていたので、ノーラの我儘はやれる範囲で叶えてやり、機嫌を損ねないように努力していた。
もちろん、彼自身が嬉しそうにニコニコ笑うノーラの表情を悲しいものに変えたくなかったのも大きい。年齢より大人びていたアレスだが、計算や媚で生きていくには純朴な少年だった。
態度は横柄ながらアレスを慕ってくるノーラは可愛らしく、農場主の娘であってもなくても大切にしただろうと彼もわかっていた。
「バレンタインなの。だからアレスにあげるわ」
その言葉でやっと合点がいった。
このこげ茶色の塊はチョコレートなのだ。
不恰好だが、おそらく一生懸命作ったものなのだろう。ノーラの表情はどこか誇らしげだ。
「アレス、クマが好きって言ってたわよね」
「はい」
森で一番強い動物がクマだ。
年頃の少年らしく、強いものが好きなアレスは若干の憧れを抱いていた。
「だから作ってあげたの。食べちゃうのもったいないけど、チョコレートは食べるべきだわ」
「もしかして、お嬢様の手作りですか? ボクのために?」
頬を染めた
「あのね、一度しか言わないからよーく聞くのよ、アレス」
アレスは畏まって頷く。
寛げていた足を折って正座すると、ノーラの言葉を待つ。
「大好き!」
その笑顔は今も彼の心の中で輝いている。

思い出から帰還すると、女らしい笑みを浮かべるようになったノーラを見下ろす。
「クマが好きだと、覚えていてくださったんですね」
「な、何よ。おかしい?」
やはりクマだったらしい。
彼の姫は昔から変わらない。
たぶん抱いている気持ちもずっと同じ、一度しか言わないと宣言したあの告白のままだ。
「お嬢様、ありがとうございます」
「別に? バレンタインですもの。当然のことよ」
大好きという言葉に返事をしてなかったなぁと思い返して、アレスは微笑した。



ここまで書いておいてあれですが、アレスのキャラが自分設定の癖に掴めませんorz
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © カナナナ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マイギルド

ブログ内検索

最新コメント

アクセス解析