忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルシェ騎士×青ローグ(小話付き)

グリメル04


恐る恐る伸ばされた手は、メルクに触れると同時に力強いものに変わった。
怖がる必要などないというのに、グリオンはいつもそうだ。
実際に触れ、メルクの体温を感じるまで、表情も力も弱々しい。
好きな男の腕を拒絶するわけなどないのに、直前まで恐れている。
それでいて、指が届けば強引に自分の領域に引き寄せてしまう。
我慢のきかない子供と同じだ。
「グリオンってホント馬鹿」
あやすように背中に手を添えると、グリオンの力はますます強くなり、抱き合う体の隙間がゼロになっていった。
体全てがグリオンの熱に触れているようで少し恥ずかしくなる。
「メルクの前では僕はいつだって馬鹿な男です」
耳元に落とされる声は甘く心を捕らえた。
ギルドのリーダーでも、姫の騎士でもない、ただのグリオンは、自分だけのものなのだと。
そう言われているようで、たまらない気持ちになる。
「ホント、馬鹿……」
額をグリオンの肩に押し付け、幸せなため息をついた。



付き合ってないつもりで描き始めたんですが、メルクの表情が甘いので、付き合ってる版小話に変更。

拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © カナナナ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

マイギルド

ブログ内検索

最新コメント

アクセス解析